木村秋則 自然栽培

木村秋則氏の自然栽培について

木村秋則氏の画期的な自然栽培は、10年に及ぶ血の滲むような試行錯誤の中から見いだされたのものなのです。

 

その10年間の木村氏のりんごの木は、その自然栽培法に挑んだがために、たくさんの虫にやられて瀕死の状態でした。

 

当然、実はなりません。りんごからはまったく収入の得られない10年間だったのです。

 

しかし、そもそも農薬や化学肥料は、農業の近代化にとって必要不可欠だったはずではなかったのか?

 

害虫から農作物を守り、季節の変動にも耐えてたくさんの収穫をえるための農薬や化学肥料だったのではなかったのか?

 

 

土も根も喜ばない農業は、結局 生産者にも消費者にも喜びをもたらさないのです。 

 

作物のための肥料が、かえって作物を弱らせていた、土を痩せさせていた、土壌を硬くしていた、のだった。

 

 

木村秋則氏の自然栽培法は、多くの自然農法の一つなのですが、非常に分かりやすくて、そして農業に希望を見いだせる技なのです。